時計

セイコーSUS復刻 SCXP155レビュー① オリジナルとの比較

今回は「SUS」の紹介です。セイコーセレクションにて復刻されたノンデイトクォーツなのですが、これが本当に良い製品です。旧版というかオリジナルの7N21バージョンも持っているので比較もしてみたいと思います。「SUS」とはセイコーが90年代に次々リリース…

国産ダイバーズは信頼のおける最も安価な耐磁時計

ミルガウスにインジュニア。マークシリーズ。世界に耐磁を謳う時計は数あれど、高度な最新技術や特殊素材を使って作られたそれらは大変に高額です。しかし実際は実用に耐える高性能な耐磁時計は我々の身近で安価に、新品で手に入れることができます。実売¥3…

セイコー クラウンスペシャル②

記念すべき100回めの記事に選んだのは、 セイコー クラウンスペシャル 端正な顔立ちです。 シンプルの極みのような姿の時計ですが、当時それなりのお値段だった時計だけあり細部が普及機とはちょっと異なります。 まずこの針。GSと同等品で近くで見るとかな…

【2021年版】就活時計おすすめリスト

3月の就活解禁が近づき、今年も就活時計関連のアクセスが伸びてきました。21卒の私が就活時計として購入したのはセイコーのSBPX083。低価格ながらサファイアガラス搭載、ドルフィン針で視認性良好の良作です。 今でも評価は変わりませんが、あれから1年経っ…

セイコー シルバーウェーブZ 7123-821②

気に入ってたけど、手放すことにしました... セイコー シルバーウェーブZ 7123-821。ベゼルデザインが秀逸で実物は本当にかっこいいんですよ。だけど悲しいかな、ベルト選びが大変。 革ベルト・NATO・ウレタンと色々試したんですが、どれもしっくりきません…

アルバ フィールドギア V743-8000 レビュー ‐ラギット&ポップなアーバンミリタリー!

寒さでやる気が削がれますが今年最後ということで頑張って書きます。 今年の作成記事数は計91個でした。来年はもっともっと書くぞ! 最近時計記事を全然書いていなかったので、今日はアルバ フィールドギア V743-8000を紹介したいと思います。「アルバミリタ…

G-SHOCK GW5500レビュー -無骨な形に機能美が宿る 初代マッドレジストモデル

今日はG-SHOCK GW5500を紹介します。 「スピード」に続く二代目G-SHOCKであるDW5500のソーラー電波モデルです。電波時計ゆえに我が家の「標準時時計」であります。 この無骨なフォルム。いかにも大きくて幅がありそうですが直径45㎝とG-SHOCKの中では割と小…

セイコー シルバーウェーブZ 7123-821 レビュー ‐マリンルック・ラグジュアリー

今日は久々に街に出て買い物をしてきました。某家電量販店で以前検討したノイズキャンセリングのイヤホンを色々視聴してみたのですが…いや、技術の進歩は凄まじいですね。付けたとたんにさっと音が周囲の騒音が消えて驚きました。真面目に購入を検討しようと…

セイコー純正ウレタンベルト「DAL1」をタートルに装着

別に珍しいもんでもないですが。 昨日の記事で言及したタートルのウレタンベルトが届きました。セイコー純正「DAL1」22mm。プレーンな至って普通のウレタンベルトです。購入は「WATCHBAND & TOOLS」さん。ベルト安いのでいつも助かってます。 https://band-a…

ようやく入手したブラックボーイ純正ベルト

忙しく中々記事を書くことができませんでしたが、休眠期間中も時計集めその他の趣味はフルスロットルで継続中でした。物欲は留まることを知らず。 新しく入手した時計関連の品もいくつかあります。今回はそのうち一つをご紹介。 SKX007ブラックボーイの純正…

「スイートロード 川崎」さん訪問感想 -川崎って面白い町です

最近どうものんびりしていると落ち着きません。時間を有効に活用しなくてはという不安に駆られます。おかげでいろいろ面倒がってため込んでいた所用が片付いてスッキリです。 でもこんな状態が続くと余裕がなくなって趣味を楽しめなくなってしまいます。とい…

セイコー ロードマチック5601-9000レビュー -ロードマチックの異端児

最近「ミューゼオ」というサイトを知ったのですが、自分のコレクションを写真付きで紹介文を書き、デジタル上に自分だけの博物館を作ることができるようです。収集欲を満たすにはピッタリかもしれませんね。無料で作れるようなので今度やってみます。 前回(…

初心にかえるロードマチック

お久しぶりです。急に忙しくなりすっかりブログから離れておりましたが、月初めということで仕切り直しです。ブログの更新が止まっている間も時計関連のネタはしっかり追っていました。これからもバシバシ記事を書いていきたいと思います。 初心に帰るという…

セイコーSRP777レビュー -満を持して登場したサードダイバー復刻

世間はセカンド復刻で賑わってますね。 でも15万なんて学生が払えるわけないんで...私は 復刻サードダイバー、レビュー! 私の所有するモデルはSRP777。海外販売の逆輸入品です。サードダイバーは国内版の6306よりも外販の6309の方がメジャーだから...という…

気になっても買えない時計① NOMOS ラドウィッグ -美しいローマ数字文字盤

ふざけるの好きなんです。 本当は他に紹介するべき時計があるんです。 でも思いついちゃったんだから仕方あるまい。 【気になっても買えない時計シリーズ】 さあやってまいりましたこのおふざけ企画。記事は真面目に書きます。第一弾はNOMOS ラドウィッグで…

セイコーSKX779レビュー ‐セイコーが誇る怪物、その初代モデル

今度の台風やばそうですね。伊勢湾台風の再来と言われてるらしいですが、東日本住みでも停電への備えくらいはしておいた方がいいかもしれません。 今日は久しぶりにセイコー 初代モンスターを紹介。 この時計についてはブログを始めた頃に一度記事にしていま…

セイコー クラウンスペシャル -GSの影に隠れたのはKSだけではない

夏も終わろうとしています。休みはもう少し続きます。 最近のことについて少々書くと、前々から気になっていたUNDER TALE(アンダーテール)というゲームをプレイしました。昔懐かしい2Dドットのゲームなのですが、僕の大好きな"MOTHER"や"洞窟物語"などと…

サードダイバー開封レビュー

とうとう手に入れました...!セイコー復刻サード。欲しい欲しいと思いつつも手が出せなかったこの1年。満を持しての入手です。 購入したのは海外仕様のSRP777。メルカリやヤフオクでは偽物の危険が出てくる価格帯なので(保証書を別に用意するなんてのは日常…

G-SHOCK DW5750 "STING"レビュー ‐ロック界の大物が愛したラウンド・フォルム

晴れ間が続いて気持ちのいい日が続いてます。私はというと殆ど家に籠りきりです。課題が終わらないので仕方ありませんが、ここらが踏ん張りどころです。 今日はカシオの名物Gショック、 DW5750 スティングモデルです。 人気モデルなのでレビュー記事は既にた…

「国鉄ホーマー」レビュー -三番線、電車が参ります!

皆さんはどういったことで夏が来たと感じますか? 私は蝉が鳴くと夏が来たと感じます。今年の夏一番はミンミンゼミでした。 東京はまだ暫く梅雨が続くそうです。 早く梅雨明けしないかな。 今回は手持ちの時計の一つ、シチズン・国鉄ホーマーのレビューをし…

セイコー2625ダイバーズ レビュー ‐爽やかな青が特徴的なブルーモデル

夏だ!海だ!ダイバーズだ! ということで今回はダイバーズウォッチのレビューです。私のアンティーク趣味とも合わせましてちと古いダイバーズを紹介します。アンティークなんで防水性能は期待できません。もはやダイバーズじゃない セイコー2625シリーズ、…

「時」展覧会感想 やっぱり時計っていいなあ!

先日、上野の国立科学博物館で開催中の「時」展覧会に行ってきましたので今回はその感想を。大正時代にそれまで無かった時間厳守の概念を浸透させるため開催されたもので、約100年ぶりの開催だそうです! 資料として撮りまくってきたので今回は写真たっぷり…

19セイコーレビュー ‐鉄道時計を片手に思いを馳せる

前回19セイコーの入手を報告させていただきました。 今回は主に外観のレビューをしていきます。 正面からの写真です。ブレゲ数字と丹念に青焼きされた針が美しい。 SEIKO表記の下にある"PRECISION"という文字は別にブランド名という訳ではなく、「精密」とい…

19セイコー 本当にいいものはあまり人に知られたくない

今日は一月ぶりに友人に会って一緒にボーリングをしてきました。やはり話の合う友人と一緒にいるのは楽しいものです。友人と会うきっかけになったのはこの時計。 19セイコー。 以前に懐中時計が欲しいと言っていたのを思い出したので、待ち合わせて見てもら…

シチズン サンダーバード レビュー ‐思い出の傍らに

部屋の掃除をしていたら面白いものが出てきました。子供の頃に着けていたシチズン サンダーバードです。 僕の最初の時計。(ホントにホントの) 両親の結婚式でもらった品とか言ってたような。 親父からもらった時計ですが、中学に上がってGショック買っても…

セイコーのブランドまとめ<後編>

ときちけです。前編後編で済むかと思ってたこのシリーズも3記事め。ブランドの数が想定外に多く、3分割になってしまいました。海外展開のみのブランドを含めると本当はもっとあるのでしょうね...改めてセイコーという企業の層の厚さが分かりました。不況で各…

セイコーのブランドまとめ<中編>

前回に引き続き、今回はセイコーの中~高価格帯ブランドを紹介します。まとめがメインということで結構端折りました。自分が持ってない時計(ブランド)についてつらつら書くのも気が引けますし何より紹介するブランドが多いので、簡易な紹介にとどめたいと…

セイコーのブランドまとめ<前編>

だいぶ遅いかもしれませんが、セイコーの高級ブランド「ガランテ」が今年9月をもって販売を終了するというニュースを知りました。コロナショックによる影響とは考えにくいですが驚きです。最高級ラインは今後GSとクレドールの二本柱となるのですね。 そんな…

セイコーマチックウィークデーター ‐流線と直線、過渡期のデザイン

五月もはや一週間が経ちましたね。外では若葉が青々と茂っていて前向きな気分にさせてくれます。堂々と外出できないのが本当に悔やまれる。 こんな時は時計のお手入れです、手持ちの時計を毎日飽きもせず眺めてます。今日の時計はこれ。 セイコー マチックウ…

G-SHOCK DW5600"スピード"レビュー ‐初代のDNAを受け継ぐ永遠のロングセラー

最近デジタル時計への興味が再燃してます。 現在手持ちのデジタル時計は4つ。 ・カシオG-SHOCK DW5600(スピード) ・カシオG-SHOCK DW5750(スティング) ・カシオG-SHOCK GW5500(G-SHOCKⅡ) ・カシオスタンダード F91w 今日はDW5600、スピードモデルを紹…