入間「茶どころ通り」 茶の香りに包まれて

 

暖かくなって季節はすっかり春!

4~5月は最高のツーリングシーズンなので、行きたい場所が色々ありワクワクします。花粉症だけが気がかりなんですけれどね。いっそ箱ごと持っていこうかなぁ。

 

入間 サイクリング おすすめ

 

今回訪れたのは埼玉県入間市にある狭山茶の産地。

「茶どころ通り」と呼ばれるサイクリングスポットです。

 

大学で4年間、サークル活動として一緒に走ってきた友人も、社会人となりこれからお互い忙しくなります。会えるうちにということで半年ぶりに走ってきました。

自分の生活圏から外れても交友関係を維持したいなら自分から積極的に連絡とらないとダメですね。少ないのがダメというわけでは無いだろうけど、1人2人は腹を割って話せる友人がいてほしいものです。

 

入間 サイクリング おすすめ

 

所沢駅に集合。ここから20㎞ほど離れた地点が目的地です。

国道463号線をひたすら西に進むほぼ一本道。若干道が悪く、また信号が少ないため車がビュンビュン飛ばしてます。危ないので歩道を行くのがおすすめ。

 

f:id:tokitike:20210413194537j:plain

 

目的地の「茶どころ通り」は3㎞ほどにわたって一面の茶畑が続くスポットです。歩道がなく歩行者は隣の幹線道路を進むことになるため、まさに「自転車じゃないとダメな」スポットになってます。高速インターを出てすぐのため気軽に見に来られるのか、車も多く人気のドライブスポットでもある様です。

 

入間 サイクリング おすすめ


ドン・キホーテ脇を進むと看板が。目立たないので見落としやすい。

ここから3㎞(往復6㎞)コンビニが無いためドンキで補給しときましょう。

 

狭い道幅を耐えて進むと・・・

 

入間 サイクリング おすすめ

 

一面の茶畑!

曲がりくねった道から急に視界が拓けて一面茶畑が出現します。

ご覧の通り一般道というより農業用道路といった感じなので所々にコンクリートの隆起や陥没があり、かなり道が汚いです。注意しましょう。

 

入間 サイクリング おすすめ

 

青々としています。おいしいお茶が飲めそうだなぁ。「茶の香りに~」なんて書きましたが殆ど匂いしないです。ごめんなさい。

これ全部人の手で管理しているのだから、第一次産業は本当に大変です。健康志向とかいいもの食べるとかそういうんじゃなくて、国産食品にもっと敬意を払わなくちゃだめだなぁ。

 

入間 サイクリング おすすめ

入間 サイクリング おすすめ

 

茶畑の中心に一か所、小高い丘があり茶畑を見渡せます。正直たいした見晴らしではないのですが・・・茶畑のいわれや記念碑もあるので訪れてみては?

入口が非常に分かりずらいので注意。「茶のなかじま園」と書かれた看板のすぐ脇です。

「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす。」 いい文句だ。

 

入間 サイクリング おすすめ

入間 サイクリング おすすめ

入間 サイクリング おすすめ

 

茶葉の栽培地域としてはほぼ北限にあたり、比較的暖かくても冷害の恐れがあるためファンを設置して常時稼働させているようです。

茶畑中のファンが一斉に回る様は蜃気楼も相まって幻想的で、まるで風車の林のよう。カメラでは平面的過ぎて捉えられないのが残念です。

 

入間 サイクリング おすすめ

入間 サイクリング おすすめ

 

脇道にひっそり佇む神社を見つけました。

植物にとってはまさにハレの季節ですね。

 

 

セイコーSUS復刻 SCXP155レビュー① オリジナルとの比較

 

今回は「SUS」の紹介です。セイコーセレクションにて復刻されたノンデイトクォーツなのですが、これが本当に良い製品です。旧版というかオリジナルの7N21バージョンも持っているので比較もしてみたいと思います。
「SUS」とはセイコーが90年代に次々リリースした一連の時計シリーズの総称なのですが、今回復刻されたアラビア数字の時計(アラビアSUS)がメインとして据えられています。ので当ブログでも「SUS」は基本アラビア数字のものとします。

 

セイコーSUS 復刻

 

黒が復刻、白がオリジナルです。発売時期に20年の開きがあるにも関わらず外見は完全に再現されています。この手の復刻商品は普通デザイナーがオリジナリティを出そうとしたり(まあ気持ちは分かります)その他搭載ムーブメントやトレンドなどの理由で大型化や細部デザインの変更が頻繁に起こりますが、これは本当にオリジナルと寸分たがわぬ復刻です。
クォーツムーブメントは元々が小さく機械式のようにケースを大型化する必要が無かったこと、地味なモデルでデザイナーやお偉いさんが注目する品でなかったこと。この二点が大きかったのではないかと思われます。元々が素晴らしいデザインなのでこれで正解です。

セイコーSUS 復刻

 

黒。復刻SUSはバリエーション豊かですがこれは最もプレーンなSCXP155というモデルです。
人気の4S搭載機は文字盤がメタリックでチャプターリングが付きますが、これはいたってシンプル。でもこれで良いんですよ。視認性バツグン、ミリタリーなパイロットウォッチの雰囲気たっぷりです。元ネタ?のIWCマーク11を思えばまさしくこの黒こそがアラビアSUSの本流といえるかもしれませんね。
ただ黒を入手して思ったのは、アップライドインデックスなんですね。凝視しないと気になるものではないんですが、ここは普通にプリントでも良かった気がします。それだとバランスが崩れて安っぽくなっちゃうのかな。

セイコーSUS 復刻

 

全面ルミブライト仕様の白。ルミブライト(ルミノーバ)とは日本の根本特殊化学株式会社が開発した夜光塗料です。様々な分野で使用されているようですが腕時計の夜光塗料に関してはほぼ100%のシェアを誇るトンデモ素材。それまで夜光塗料の主力として使われていたのはトリチウムなどの危険な放射性物質でした。おまけにトリチウムなどとは比較にならないほど長時間光ります。まさに革命的な素材だったわけですね。


ルミブライトで光るようにインデックスは全てプリントなんですが、これが何とも味わい深いんです。「和」の雰囲気というか素朴な感じがします。まあ個人の感想なんで適当に聞き流してください。こちらは白針と黒針の2種類のモデルがあるのですが、カタログを見るに白針は比較的短期間で淘汰されてしまってます。何で白針を復刻したのかは謎です。でもこうして(一応まともな)若者たる僕が釣られてしまってるのですから、その判断正解。
この写真を見て「あれ?」って違和感を感じた人は鋭い。竜頭の周囲、復刻版のほうが若干厚くラインがしっかりしてます。意図的なものではなく工作機械の違いによるものだと思います。僕は復刻のメリハリの効いたラインが好みです。

 

セイコーSUS 復刻

セイコーSUS 復刻

 

リストショット。黒はウレタンや革ベルトが、白はNATOベルトが似合う気がしますが、基本なんでも似合う万能選手です。僕は白にベタ惚れしてますがこの子は間違いなく黒より着けるベルトを選びます。難易度ちょい高めです。
搭載のムーブメントは7N21→7N01と直系のものが使われてますが、復刻版使用の7N01はオリジナルに比べ電池寿命が短いです(5年→3年へ)。そこはまあ時代が変わって掛けられるコストも変わったってことで仕方がないです。性能が落ちても既に製造から20年経ってるロートルと比べれば間違いなく長く使えます。

 

セイコーSUS 復刻

 

横から。竜頭も完璧に一致。どちらも風防(ガラス)が盛り上がってます。オリジナルの白が既にぶつけて欠けている箇所があるのでここは改良してベゼルより少し下にして欲しかったところですね。コストの関係かも。
ばね棒の貫通穴は新旧どちらも開いてますが、雑な感じのするオリジナルに比べて復刻は位置も穴の形状も完璧です。工作機械の進化をひしひしと感じます。

 

セイコーSUS 復刻

 

裏蓋。復刻盤はレーザー刻印です。時計好きとしてはここはNCマシンののっぺりしたレーザー刻印よりも無骨でもっさい打刻印に魅力を感じます。塊感があってグーです。
ねじ込み裏蓋の薄型化はオリジナルの年代で既に完成されてますね。

 

 

というわけで今回はセイコー「SUS」の紹介でした。
時計に興味が無い友人に良いのないかと聞かれたら僕は真っ先にこれを挙げます(タイメックスウィークエンダーやミジェットあたりも良いですね)。完成されたデザインをほぼそのままに、値段も良心的な価格に維持した傑作機だと思います。ギリギリビジネスにも使えるかな?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

信頼のおける最も安価な耐磁時計

 

ミルガウスにインジュニア。マークシリーズ。世界に耐磁を謳う時計は数あれど、高度な最新技術や特殊素材を使って作られたそれらは大変に高額です。しかし実際は実用に耐える高性能な耐磁時計は我々の身近で安価に、新品で手に入れることができます。実売¥30000程度で正真正銘の耐磁時計は手に入ります。

国産のダイバーズウォッチです。

 

対磁時計 おすすめ

我が家のダイバーズウォッチ。


 「世界で最も安価な耐磁時計は何か?」つい最近までそれはおそらくセイコーのSKX00シリーズ、通称「ボーイ」シリーズでした。実売¥12000前後(のち価格上昇)でJIS規格をパスした正規のダイバーズウォッチ。残念ながらボーイシリーズは完全にその生産を終了し、再販も絶望的なようですが、ボーイ亡き後でも我らがセイコー、そしてシチズンのダイバーズウォッチは未だ「世界で最も安価な信頼できる耐磁時計」です。

 

私事ですが、機械式時計を何本も保持するうえで磁気からの保護は最も私の頭を悩ませる問題でした。時計の三大敵とされる「水」・「衝撃」に関しては注意して扱うことでその影響の殆どを避けることが出来ますが、残る「磁気」だけは目に見えない以上影響を絶つことができません。おまけに現在は至るところにIT機器が存在し強烈な磁気を放っています。

 

対磁時計 おすすめ


ミルガウスのような一般にいう「耐磁時計」の多くは、軟鉄など逆に磁気を帯びやすい素材で作られています。つまり水はけを良くして内部に磁気が留まらないようにしている訳です。これは事実上磁気を防ぐことは不可能と言われているようなものです。

最も有効な対策として結論付けたのがいつでも「脱磁」できる環境を整える事。Amazonで中華製の脱磁器が¥1000で購入できます。しかし強烈な磁場が発生する以上、素人がいじることで逆により強い磁気を帯びて壊れてしまわないかと使用のたび大変神経を使いました。できればあまり使いたくありません。

 

 

次に有効な手段が「厚みのある鉄の箱に入れる」ことでした。恥ずかしながら何故時計のケースが鉄やステンレスなのか考えたこともありませんでしたが、厚みのある金属を磁場との間に挟むことが磁力の減退に大きな効果を発揮するのですね。磁気をめぐる私の悪戦苦闘はまだ続きますが、本筋から外れるのでここでおしまい。重要なのは「ケース(金属)の厚みがあるほど磁気に強い」ということ。ダイバーズウォッチが磁気に強いのはこういうことです。

 

対磁時計 おすすめ

これはクロノグラフだけどダイバーズと似たような厚みです。そりゃこんだけ分厚いと説得力がありますよ。

 

JIS(ジス)とは、

工業標準化法に基づいて、JISC(日本工業標準調査会)において調査・審議の上、主務大臣によって制定される『食品と農林分野を除く我が国の鉱工業に関する国家規格』」(徳永幾男「セイコーダイバーズウォッチ進化論」 ワールドフォトブレス 16頁)

であり、要は「日本でOOがOOを名乗るにはこの基準を満たす必要がありますよ~」ってことである。JISにおいてダイバーズウォッチを名乗るのに必要な最低限の耐磁性能は4800A/mに耐えられること(第一種)。具体的には磁気の発生源に5cm以内なら近づいても問題ない。さらに上の強化耐磁時計(第二種)だと必要な耐磁性能は16000A/mとなり限界距離も1cm以内までに縮まる。この辺りは「セイコーダイバーズウォッチ進化論」に書いてあります。

 

 

資料が見当たらないですが¥30000程度の安価な国産ダイバーズの耐磁性能は第一種基準でしょう。しかし私の手持ちのダイバーズウォッチが帯磁したことは一度もないです。10分程度の短時間のことではありますが、誤ってスマホと同じポケットに時計を突っ込んでも帯磁しない。おそらくJIS規格はかなり厳密な規格であり、クリアするには実際の数値よりも幾分高い水準の性能が必要なのでしょう。過剰な安全基準を求める日本らしい。実用上の成果よりも試験時の結果を優先する日本企業の生真面目さが伺えます。

 

セイコーはGSに代表されるシンプルな時計がメインと一般に認知されていますが、私は本当にセイコーの屋台骨を支えているのはダイバーズウォッチのラインナップだと思います。安いものは¥30000程度(以前はその半分出せば買えた訳だが)の製品ながら世界一頑丈との呼び声高い。

高級時計とはユーザーの数が桁違いなのが大きいでしょうが、結局のところユーザーレビュー以上に信頼のおける評価はありません。少ないレビューにサクラが紛れている心配をしたり、あるいはPR会社の仕掛けたヨイショ記事や巧みなセールストークに用心する必要はないのです。それらの介入する余地のないほどセイコーダイバーズは時計にあまり関心を持たない、ありのままを評価する人々に行き渡っているのだから。そして信頼を得ている。

 

対磁時計 おすすめ

この波マークはセイコーが積み上げた信頼と実績そのもの

 

シチズンのダイバーズも素晴らしいです。セイコーダイバーズ程の歴史と積み上げた信頼はないですが、代わりに圧倒的な実用性を誇ります。

シチズンのダイバーモデルはほぼ全てがエコドライブ電波時計。機械式がラインナップの多くを占めるセイコーはどうしても劣る性能を愛でカバーする必要がありますが(どうしてセイコーは7548ダイバーズを復活させないのだろう?)、同じ価格でシチズンダイバーはストレスフリー。時間もまったく狂わない。

 

 

常々私が思うのは、どうしてビジネスに適した正統派三針のダイバーズウォッチを作らないのかということです。まあ普通ハイエンドに使うか、贅沢言っちゃいけないね。

 

耐磁時計って皆スイスメーカーに目を向けるばかりで、国産のダイバーズで十分なのを知らない人が多い。高い買い物は人生の幅を広げてくれるのは間違いないけど、知らないのは勿体ない!と思い今回記事を書きました。

この記事が国産ダイバーズの啓蒙に少しでも役立つことを祈ってます。

 

「一番気に入ってるのは」

「なんです?」

「値段だ」

 

最後までお読みいただきありがとうございました。