ときちけは趣味が生きがい!

時計という小宇宙に吸い込まれた男の日々

ノイキャン搭載イヤホンは既に¥10000で買える時代だよ。買っちゃおうよ。

 

airpodspro レビュー

 

買っちゃったよ。高かった。

でも音質もかなーり良くて大満足、もっと早く買っときゃ良かった。信者ではないどころかスタバでMac広げてる奴に頭からコーヒーかけてやりたいですがやっぱりアップル製品はお洒落ね。白の使い方が芸術的。

 

 

早速レビューと行きたいところだけど、値段が値段なだけにかなり吟味したので今回は購入候補についてひとつひとつ、じっくりと紹介していきたいと思います。

ワイヤレスイヤホンの性能に疑問を持ってる方、ヘッドホン党の方。私見ですが正直AirPods Proはゼンハイザープリンより音質良いですよ。私も初見びっくりしました。ノイキャン搭載機種に限ればイヤホンの音質は既にその領域に達してます。

 

購入に当たり候補となったのはこの3種。

 

 

NO.1:Apple AirPods Pro

参考価格¥27800+税

 

・美しいデザイン

・本当に使いやすい軽さ、サイズ、形状

・取り回しの良い小さなケース

カナル型に変更され脱落リスクが激減、音漏れもなし

ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの優秀さ

iphoneユーザーなら充電残量も一瞬で把握できる

 

 

シンプルだけれど計算し尽くされた美しいデザイン。時代をけん引する最先端企業の作品。正直これらの要素だけでも売れるでしょうが、ノイズキャンセリングの性能もおそらくソニーのWF1000と並ぶ最高性能です。その他痒い所に手が届く機能の数々で細部に至るまで隙がありません。総合性能で一番だと思います。

 

かつてジョブズ氏はiPhoneを創る際に内部のコード配列に至るまで美しく整えることを要求したといいます。内部の見栄えなんて99%の人は気にしないと思うけど、たった1%の人へであっても誠意を尽くそうとしたのか。あるいは自分の生み出す作品に完璧を求めずにはいられなかったのか。こうした人目に触れない部分の作りこみは時計趣味と通じるところもあって興味深いです。その妥協を許さないモノづくりへの姿勢が世界中で多くのファンを作っているのでしょう。

 

次の記事で存分に詳しく書いていきたいと思います。

 

 

NO.2:SONY WF-1000XM3

参考価格¥25000+税

 

AirPods Proよりも数段高い音質

・優れたノイズキャンセリング

・音質のぶんデバイスが大きく少し重い

・ケースが大きめ

・色が選べる

 

 

AirPods Pro(以下AP)と並ぶ現時点で最高のノイズキャンセリングイヤホン。

特徴はその素晴らしい音質です。私見では音質はこのWF-1000がツーランクぐらい上で、正直購入の直前まで迷いました。音楽通の耳を満足させられるのは間違いなくこちらだと思いますが、高音質なぶんよりデバイス部分が一回り大きく、取り回しや着け心地において劣ります。ようするに重いです。

 

少し、ほんの少しの重さなのですが長時間着用では大きな差が出てくるのではと考え私はAPを選びました。あとは重いと脱落が怖くてイヤホンを付けて歩いたりジョギングしたりできません。試着時に飛び跳ねたりしても落ちなかったので杞憂かもしれませんが。実際にはイヤホンを付けたまま歩くのは高い紛失のリスクと隣り合わせですのでお勧めできませんし、私も殆どしません。

 

 

ノイズキャンセリング機能についてもこちらの方がAPより優れていると感じる人が多いようです。私は逆にAPの方がよく音が消えると感じたのですが、人の耳は千差万別なので仕方ないです。耳栓と同じく試着あるのみ。

 

黒が選べるのも本機の強みです、アップルは問答無用で白なので。光沢感のある白もいいけど、あんまりテカテカしてるとプラスチッキーで高級感が感じられないもんね。本機は白(ベージュ)・黒どちらもつや消しで値段に相応しい雰囲気をまとっているので、そういう所が気になる方でも満足のいく仕上がりになっていると思います。高い買い物なので割と重要なポイントです。

 

 

NO.3:MPOW X3

参考価格¥8980+税

 

・ノイキャン搭載イヤホン最安値の圧倒的コスパ

・及第点のノイキャン機能

・デザイン良・取り回し良・音質良

 

 

本当はAirPodsなんて高いもん買うつもりじゃなかったんですよ...

これ凄く良いです。私のノイキャン初体験はこれでした。おそらくノイキャン搭載機最安値の品だと思います。サンキューチャイナ。

 

「エムパウ」と読むらしいです。正規品で¥10000を切る価格が最大の魅力。これだけで並み居るライバルをゴボウ抜き、並行なら更に¥1000くらい下がります。

この値段にも関わらずノイキャン機能は十分使用に耐えるもので、家電量販店での試着時にも店内の大音量のアナウンスが気にならなくなるレベルにまで低減しました。素でこれなので音楽を流せばほぼ気にならなくなります。流石に上記二種のような徹底的な消音ではないし、外音取り込み機能も付いていませんが十二分な性能です。

 

ノイキャン機能搭載なので忘れがちですが¥5000前後が相場のイヤホン市場において十分な高級イヤホンなので音質も普通に良いです。質感も黒のつや消しでシンプルに高級感があります。大きさもAirPodsとそう変わらず取り回しやすいです。うどんが長いとこまで似てますケースは若干大きめですがこの価格で文句を言ってはいけません。

試着のみなので長時間の視聴はしていませんが、着け心地は悪くなく重くも感じませんでした。ただしノイキャン初体験の感動補正があるかもしれません。充電の持ち具合や接続の安定性、なにより耐久性などの不安もありますが、他のレビューを見る限りまずまず良い評価を受けているようです。腐っても¥10000のイヤホンですからね。

 

 

番外編:BOSE

重い。

AirPods ProやWF-1000と並んで比較されることの多い機種です。音質はBOSEなので確かに素晴らしいのですが、私見ではWF1000に輪をかけて重いと感じました。激しく頭を振っても耳から落ちたりはしませんでしたが、デバイスがデカ過ぎて視覚的に不安を感じます。音質は素晴らしい。

 

 

以上が候補でしたが、取り回しの良さとノイキャン機能/外音取り込み機能の高さが決め手となってAirPods Pro購入と相成りました。

ただ上記三つのイヤホンならどれも自信を持ってお勧めできます。特にMPOW X3は価格も圧倒的に安く入門機に最適ですので、これを読んで一人でも多くの方がノイキャンイヤホン試聴に行っていただければ嬉しいです。必ず試着してから買ってくださいね!これ大事!

 

正直MPOWについて書きたくて丸々一記事割きました。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

アルバ フィールドギア V743-8000 レビュー ‐ラギット&ポップなアーバンミリタリー!

 

寒さでやる気が削がれますが今年最後ということで頑張って書きます。

今年の作成記事数は計91個でした。来年はもっともっと書くぞ!

 

アルバ フィールドギア レビュー

 

最近時計記事を全然書いていなかったので、今日はアルバ フィールドギア V743-8000を紹介したいと思います。「アルバミリタリー」と呼ばれることもある機種です。「泥沼時計収集メモ」のアカツメさんが名付け親だと思いますが、今や結構な界隈で耳にします。響きが良くて頭に残るんですよね。

ミリタリー時計と言えば抜群の視認性と男らしい無骨で精悍なデザインが魅力ですが、主張が強いので似合う服装が限定されることもあります。この時計はミリタリー時計の特徴と雰囲気を押さえたまま、都会的な服装にも似合う可愛らしさを足すことに成功しています。

既にオマージュ品も存在するようです。この時計自体が低価格オマージュみたいな代物なのですが、「真似されたら一人前」それだけ優れたデザインであり、今や立派な個性を確立した時計。

 

アルバ フィールドギア レビュー

 

カラーバリエーションが三色用意されているのですが、どれも個性的で揃えてみたいと思わせるくらいよくできています。私が持っているのは黒と白(ベージュ)。他にもネイビーがあるのですがなかなか縁がありません。

どのモデルも適度にポップな配色で、ミリタリーのカッコよさを残しつつ、重くなり過ぎず気軽に着けられるデザインに仕上がっています。いかにもプリントといった感じのフォントもいい意味でチープなカジュアルさがあり良いです。

 

アルバ ミリタリー レビュー

 

黒。実際の文字盤の色は濃い目のグレーです。本物のミリタリーウォッチの文字盤は基本的に黒一色なので、ある意味このモデルの特徴が一番分かりやすいかもしれませんね。なぜ黒なのかは、光の反射で敵に位置が伝わることがないこと・黒地に白の方が視認性が高いことなどが理由かと思います。

この時計の、ミリタリー要素を残しながらも絶妙に「ハズし」ている雰囲気の元はどこなのか時計片手に考えてみましたが、カレンダー・フォント・配色であるというのが結論です。特にこの時計だけの個性を作るうえでカレンダーは欠かせないのかなと思います。

「ミリタリーウォッチにカレンダーいらねぇよ」という方も少なくないと思いますが、カレンダーという本来時計の雰囲気づくりに邪魔な、無機質で実用一辺倒の代物が入ることによって無骨な雰囲気と可愛らしいポップな雰囲気が共存し、この時計の個性に昇華されている。このモデルに関していえば私は絶対にカレンダー賛成派です。カレンダーが無かったらよくできているけど何か物足りない、カーキの下位互換になってしまったのではないかと思います。低価格・クォーツ仕様のかっこいいミリタリーウォッチは種類がとても少ないので、それでも文句なしの名品になったとは思うのですが。もっとも私が知らないだけでマイクロブランドには良品がたくさんあるのかもしれません。

 

アルバ フィールドギア レビュー

 

ベージュ。全面ルミブライト仕様です。タイメックスでおなじみの文字盤全発光機能ですね。文字盤全部光らせちゃえというのは大胆ながら画期的な発明だと思います。

TIMEX ウィークエンダー セントラルパーク クリーム×オリーブ

 

光を吸収して暗所でパァッと輝きます。戦場では敵に位置が丸わかりになるので本家にこんな仕様はありませんが、使ってみるとかなり便利な機能です。G-SHOCKみたいにスイッチ式のバックライトの方が付け消し自在で圧倒的に使いやすいですが、短時間で消えるので時間を測ったりできません。その点ルミブライトは10秒ライトに当てれば5分くらい光りっぱなしなので(私はスマホのライト当ててます)、連続して時間を見る必要があるときや一秒単位で時間を測りたいときはこちらの方が有用です。アウトドアレジャーなどで手が汚れたり塞がったりしているときにも役に立つでしょう。

私はこのベージュが大のお気に入り。ベージュというよりやや蛍光イエローに近い色なのですが意外にも無骨な雰囲気を損なうことなくしっくり馴染み、グレーやオリーブドラブなどミリタリーの定番配色のNATOベルトを合わせると凄くカッコ良いです。

 

アルバ フィールドギア レビュー

 

ダミーベゼル・サンドブラスト加工。フィールドウォッチの様式美ですね。風防はセイコーお得意の強化ミネラルガラスのフラットタイプで、視認性が高く実用的な仕様だと思います。ラグ穴が貫通しているのは便利ですが、基本的にこのモデルはNATOベルトを装着する人が多いと思うので無くても困らなかったでしょう。

 

アルバ フィールドギア レビュー

アルバ フィールドギア レビュー

 

ねじ込み式竜頭の20気圧防水とかなり防水性が高いのも魅力です。機械式と異なり頻繁に竜頭を操作する必要が無いのでねじが馬鹿になることも無く、長期間安定した防水性が見込めると思います。いわゆるメンテフリーです。本当は定期的にパッキン交換をする必要があるのでしょうが、この価格帯の時計にそこまでの手間をかける方はまずいないでしょう。それでも水没させたりしなければ10年20年はそこそこ雑に扱っても動くはず、ただし電池交換はマメにしましょう。電池の液漏れは修理不可になる可能性が高いです。

竜頭ガードも付いてますが、この長さで役目を果たせるのでしょうか。少し不安になりますがこれでも接触の危険がかなり減るのは間違いないですし、仮にぶつかって多少曲がったとしても竜頭ガードが押さえになって折れることはないので十分なのかもしれないですね。

 

アルバ フィールドギア レビュー

 

裏蓋はいたって普通です。

話が脱線しますが日頃アンティークをいじっているとこの裏蓋の薄さに感動します。もはや内側に埋め込んでますからね、これで防水性確保できてるんだから技術の進歩ってすげぇ。

 

アルバ フィールドギア レビュー

 

プレザージュやブライツなどと同じくあくまでもセイコーのブランドなのですが、文字盤に"SEIKO"ロゴはありません。ワイアードやパルサーもそうですね。低価格帯だからかな?でもセイコー5はしっかりSEIKOって入ってるんだよな、何でだろう。「セイコー5」はそれ自体がブランド名だからかな。もっともアルバには何十年もの歴史があるので、独立させてもちっとも恥ずかしくないブランドではあります。

インデックスはセイコーらしい生真面目なゴシック体フォントです。気になったのが五分おきにある12等分目盛り。鉛筆みたいなちょっとだけ先端の尖った、面白い形をしていますね。注意しないと分からないですが、こういった要素もオリジナリティの確立に貢献しているのかもしれません。

 

アルバ フィールドギア レビュー

アルバ フィールドギア レビュー

 

というわけで今年最後の記事はアルバ フィールドギアの紹介でした。

いつも記事を読んでくださっている皆様、いつも大変励みになっております。来年もよろしくお願いいたします!

【コンビニ支払いでもすぐ届く】現金決済派なら15円からできるAmazonギフトをチャージ!

 

Amazon、誰もが知る世界最大の通販企業ですね。今は小学生でも知ってるんじゃないでしょうか。長者番付でもたしかビルゲイツを抜いて1位がAmazonのCEOでした。

 

 
そんなAmazonですが最近の発送が遅くなったと私の中で話題です。先日も注文後その日のうちに支払いしたのに一週間経っても発送されず、流石に困ってカスタマーサポートに電話することに。
 
結局なんやかんやと理由を付けてましたが要は現金払いなのでクレジット払いの方々と差を付けられていたようです。コロナの影響とか言ってましたが税金払わせられるようになってから露骨に格差付けてきますね。クレジット決済のほうが便利で企業も楽なのは百も承知ですが、浪費癖がある私はクレジットは無理。
 
ただ、電話口の方が親切にも切り際に大変有益な情報を教えてくれました。
Amazonギフト券からの購入なら支払い確認のインターバルがないのですぐに発送されますよ。コンビニで15円から購入できますし」
 
「コンビニで15円から購入できますし」
 
!?
まじですか。
 
新しく購入したいものができたのでさっそく試してみることにしました。iphoneでの操作ですがandroidやPCでも変わらないと思います。

Amazon 発送遅い

 
Amazonアプリを開いて右端のバーをクリックし、「さらに表示」をクリック。
 

Amazon 発送遅い

 
Amazonギフト券」をクリック
 

Amazon 発送遅い

 
「チャージタイプ」をクリック
 

Amazon 発送遅い

 
既成の額では無くその下の入力欄に1円単位で金額を入力。今回は最低購入金額の15円で入力します。
 

Amazon 発送遅い

 
支払い方法はコンビニ支払いのみです
 

 
ボタンを押すと注文が確定します。後はいつものコンビニ支払いと同じように支払い番号記載のメールが届くのを待つのですが、販売がAmazon直轄だからか10分もしないうちに支払い番号のメールが届きました。驚きの早さです。発送にはだらだら時間かける癖によぅ...
あとは払ってチャージされたらブツを買うだけ。すぐ発送段階に入ります。
 
 
実はまだ届いてないので本当は届いてから記事を書くべきなのですが、同じように悩んでる方に早く知っていただきたくて書いちゃいました。明らかにコンビ二支払いよりもスムーズに進んでます。
Amazonのサービスが悪くなったので楽天や他の通販サイトに切り替えた方も多いと思うのですが、やはり品揃えのAmazonということでどうしてもAmazonにしか売ってないということも多々あるのではないかと思います。そんなときはこれを思い出していただければ幸いです。どうせコンビニには行かなくてはいけないので、ちょっとひと手間かけるだけで到着までの時間をグッと短縮できますよ!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。