セイコー ブルーアトラス SKZ209レビュー -異彩を放つセイコー5のハイエンドモデル

 

はい、久々の時計記事です。このところ忙しくて。

 

今日はセイコーSKZ209、通称"アトラス"の紹介です。

セイコー5の元祖高級モデル。7S26キャリバーの上位キャリバー(摩擦防止ルビーが2石増えただけらしいですが)、7S36を搭載しています。FFF(フィフティファイブファゾムス)ことSNZH55にも使われている機械です。

 

セイコー アトラス ブログ

 

定価約30000円と、10000円以下のモデルがひしめくセイコー5においては有り得ない程の高価格。この価格設定はプロスペックス下位モデル並みです。これなら正直セイコー5の枠に収める必要はなかったんじゃないかと思ってしまいますが、"5"という商品群の最上位モデルというのがコイツの持ち味なんだと思います。

ダイバーズっぽいですが違います。アトラスというのは英語で「地図」を指す言葉です。ドラクエのオレンジ色の巨人が真っ先に浮かびますが。ロレのエクスプローラーのようにどちらかと言えば山での使用を想定した時計で、野外で自分の進行方向を確認できる方位計を装備することからこの名が付きました。

 

セイコー アトラス ブログ

 

購入時から傷アリ...まあ仕方がないか。

日本で流通してるアトラスには黒と青の2種類がありますが私のは青。ブルーアトラスなんて呼ばれてます。ベゼルは黒に近い色で光に当てると青が見える粋な仕様。黒はブラックアトラスです。

一際目を引くのはやっぱり9時位置のつまみでしょう。これで名前の由来である方位計を操作します。NとかEとか書いてある部分ですね、ここがクルクル回ります。インスタグラムに動画上げたので良かったら見て下さい。

 

セイコー アトラス ブログ

 

セカンドダイバーを彷彿とさせる鬼カッコイイ竜頭ガードです。ぐわっと盛り上がった形がたまりませんね、これだけ大きいとどこにぶつけても安心!って思えます。

 

WATER "200M" RESIST っていうのがミソです。JIS合格のダイバーなら DIVER'S 200M って書けばいいし、そうでなければ20気圧防水って普通は書く。おそらくセイコー5は本来は海外でしか販売されていないモデルだからでしょう。

JISっていうのは日本の工業製品にのみ適用される規格だから海外で生産、販売されるセイコー5には適用できない。だからダイバーズとしての性能を満たしても他のセイコーダイバーズと同じ DIVER’S は名乗れない。WATAR 200M表記はこの時計が「セイコー5の」ダイバーズウォッチである何よりの証であり、この時計を取り巻く複雑な事情を表すものかもしれません。

 

セイコー アトラス ブログ

 

5盾っていいデザインしてますよね。私大好きです。

何気なく凄いのがカレンダーです、なんと縁が別部品なんですよ。高級機ならいざ知らず安価な7S系の時計でこんな仕様はアトラス以外ありません。

針もセイコーダイバーズおなじみの矢鉾針をアレンジをしたオリジナルです。ボーイの針と比べて「くびれ」がなく、中心をまっすぐ分割線が通っています。ブラックアトラスは針が黄色なんですが、私は海中から晴空を仰ぐときのような薄青色の針に何とも言えない味わいを感じたので絶対ブルーが欲しいと思ってました。

 

セイコー アトラス ブログ

 

横にすると分厚さがよく分かる。ブレスの状態ではなんとモンスターより重い。 

「コインエッジベゼル」と呼ばれるダイバーズに多いギザギザベゼルですが回せません。これがダイバーズじゃない決定的な理由です。

方位計のつまみに5盾マークがしっかり刻印。普通は高級機のための要素で、手の掛けられたモデルである証です。ラグは貫通穴仕様なので気軽にベルト交換できます。

 

セイコー アトラス ブログ

 

裏側。裏返すと今度は幅の巨大さが分かります。

分厚くデカい。パネライクラスなんじゃないでしょうか。

見たこと無いけど。

 

セイコー アトラス ブログ

 

アトラスは金属ブレスが標準装備ですがこのブレスが曲者。

左端を見てほしいんですが中までぎっしり詰まった無垢ブレスでとにかく重い。さらに一コマ一コマが大きく調整が大変です。しかも上の2~3枚目の写真見ると分かるんですがアトラスのラグって特殊な形状をしています。ガニっと股を開いたような形です。これが合う弓管がなくて金属ベルト探しはかなり苦戦します。

アトラスがこだわって作られたことが分かる部分ではあるんですがね。

 

セイコー アトラス ブログ

セイコー アトラス ブログ

 

という理由で私はNATOベルトの方が好みです。この青×黄色なんかよく似合ってると思いませんか?特徴満載のモデルなので少し抜け感を出したつもりなんですが。

 

セイコー アトラス ブログ

 

当ブログおなじみの比較編。

セイコーダイバーズの矢鉾針をアレンジしたことがよく分かります。中央に線が入ることで針の色が強調されていて、私はこのアレンジ好印象です。

 

 

 

という訳で今回はセイコー アトラスの紹介でした。

とても個性的で「何にも似ていない」という意味ではモンスターに比肩するモデルなのではないかなと思います。5盾刻印やカレンダー枠、必要ないコインエッジベゼルなど細部にわたる装飾が5とは言えハイエンドであることを主張しており、所有欲が満たされました。

個人的にですがセイコーダイバーズといえばボーイ、モンスター、アトラスという印象でした。憧れの3つを全て自分の目で見て触ることができ感慨もひとしお。次の目標は何にしようかな、欲しいモデルはまだまだあります。

 

ヤマノススメ・日和田山登山‐初春のピクニック

 

休日利用して大学の友人と登山へ。

訪れたのは埼玉県日高市にある「日和田山」。初心者向けの低山で頂上の鳥居が有名です。漫画ヤマノススメにも登場し周辺地域ではかなりの人気スポットらしい。都会の喧騒を離れて森林浴を楽しむのにはぴったりの山でした。

 

日和田山 登山 ブログ

 

和田山登山には2種類のルートがあるのですが、今回は高麗(こま)駅からのルートを選択。駅を出ると朱色の大門がお出迎え。上の顔が厳めしいです。

 

日和田山 登山 ブログ

 

鹿台橋を越えて道なりに北上すると登山口に到着。

この案内板は複雑で分かりづらいんですが、実はもう少し先に簡易な案内板があるのでそちらを参考に。

なぜこれ撤去しない...

 

日和田山 登山 ブログ

日和田山 登山 ブログ

 

歴史を感じる鳥居ですね。一礼して入山。

 

日和田山 登山 ブログ

 

入ってすぐに←男坂女坂→に分岐します。短いけど険しいのが男坂、長いけど平坦なのが女坂。じゃんけんで女坂へ。

 

日和田山 登山 ブログ

 

あれ?

 

日和田山 登山 ブログ

 

あれ?全然平坦じゃねぇ。

男坂の険しさはいかほどの...

 

日和田山 登山 ブログ

日和田山 登山 ブログ

 

とはいえ低山。10分ほどで頂上に着きました。

幼稚園児や近隣住民と思われる方もいて憩いの山といった感じです。鳥居の上が岩の丘になっていて下界を一面見渡せます。画面左上、鳥居に被ってますがヒガンバナの群生地で有名な巾着田(きんちゃくだ)が見えますね。

まだまだ先は長いので一休みして出発。

 

日和田山 登山 ブログ

 

和田山縦走ではたびたび生活道路と合流します。実はこのあたりヒルクライム(自転車で山登るやつ)の定番地でもあるので山道の整備が行き届いてます。サイクリスト用に各所に綺麗なトイレも設置されていてそういった意味でも安心して登れる山です。

ここなら住んでも不便がなさそうだなぁ。景色もいいし。

 

日和田山 登山 ブログ

 

また鬼の顔。

駅でも見たけど地域の守り神か何かでしょうか。

物見山方面へ。

 

日和田山 登山 ブログ

 

20分ほどで物見山へ到着。

「物見」なんて言うくらいですから昔は一面拓けたはげ山だったんでしょうね。今では植樹林と思われる杉林によってその面影はありません。

土砂崩れ防止の意味もありますし仕方ないか。

 

日和田山 登山 ブログ

日和田山 登山 ブログ

 

物見山~五常の滝までは写真のように切り立った岸壁のような野性味あふれる景色が楽しめます。絵になる景色が続くのでここを見るだけでも訪れる価値はありますよ。

 

日和田山 登山 ブログ

日和田山 登山 ブログ

 

五常の滝に到着。私はよく知らないんですが有名な場所なんですね。というのも英語・韓国語・中国語・日本語の4つも案内板があって、そんなに観光客が来るのかぁと。儒教と言えば日本よりその影響力が強い中国・韓国ですから、聖地として訪れる方も多いかもしれません。

残念ながら14時までの受付らしく中に入ることはできませんでした。ちなみに拝観料がいくらかかかります。

ここまでくればあと少し。

 

日和田山 登山 ブログ

日和田山 登山 ブログ

 

ゴールの武蔵横手駅に到着。

登山開始からここまで4時間。疲労感はありますが心地よさもあり、森林浴を兼ねた日帰りハイキングとしては確かに最適の場所でした。

本格的な登山志向の方には合いませんが...サクッと登りたい!というときもあるでしょ?

 

日和田山 登山 ブログ

 

時計はタートル着けて行きました。

ダイバーズとは言いますがフィールドウォッチとして完璧です。やっぱりいい時計。

 

未来につなぎたい戦争映画たち

 

戦争賛美ではない。

 

戦争映画を見ると平和な時代に生まれて本当に良かったと思う反面、映画に描かれていること、あるいはそれさえ生易しいような残虐行為が、場所や時代が違えば実際に起こりうるという現実に寒気がする。今はたまたま「平和」なだけ。

この瞬間にもどこかで誰かが壊れ続ける歯車を必死に保たせているのだろう。戦争は外交の失敗、それを踏まえると平和であることを「たまたま」と表現するのは不適切かもしれない。

 

戦争映画もいくつか種類があるが、戦争そのものの残虐さ、非情さ、生々しい生への執着などの描写なら「プラトーン」か。「地獄の黙示録」のイカれ具合も何度も見てしまうものがある。

 

 

 

プラトーン」は善悪の対立というより、理性など遥かに凌駕する生存本能の強さを感じた映画だ。エリアスの言動がほぼ満場一致で「綺麗ごと」で片づけられてしまう恐ろしさ。でも俺もきっとバーンズを支持してしまうと思う、死にたくないから。

地獄の黙示録」はなんだろう。一貫したテーマもシーンの脈絡も無く、狂った映像が永遠と視野に飛び込んでくる、感覚に訴える映画。でも弾幕飛び交う王道の戦争映画とは違って派手な動きが殆どなく、地獄のような戦場や狂っていく船員を静かに描いている。見ていて大変おぞましい。戦場というのは殺伐としたものですらなく、混沌を煮詰めたような狂った場所なんだと実感できる。長く留まればそりゃ頭も狂う。

 

余談だが「地獄~」はエピソード分割型というか場面がぶつ切りな感じがタランティーノ作品を連想する。タラちゃんは超が付く映画オタクなので当然影響を受けてるのだろう。

タランティーノと言えばお馴染みのグロ描写。派手に血しぶきがあがる、人が死ぬ。初期は好きだが後期、特に「イングロリアス・バスターズ」なんかは何度見ても受け付けない。こんなもの見て喜ぶなんて欧米人はアタマおかしいんじゃないかと思うが、戦争映画みてるとそもそも日本はおそらく世界で一番平和な国で、海外は「日常」の中にある暴力の比重が非常に高いんだろうなという事実に行き当たる、コレが違和感なく面白がられてしまうほどに。平和であるのは誇るべきことだが 世界の一般的な価値観とはズレているのだなと感じる。

 

タランティーノはこれでしょ。

 

戦闘以外の箇所から戦争の恐ろしさを描いている作品もある。というか映画的にはこちらの方が多いだろう。アクションというよりドラマに分類される映画たちである。

まずはディア・ハンター。「リアルじゃない」という批判もあるが、あえて殆ど戦場を描かないことでその影響の大きさ、後遺症について描いた名作だ。戦闘シーンの代わりにロシアンルーレットを軸にして「暴力・死・狂気」を描く。「タクシードライバー」しかりデニーロは狂気の静と動を表現するのが本当にうまい。前半で退屈なほど丹念に日常を描くからこそ、後半において変わらない日常とそれに馴染めない痛々しさが胸に残る。

 

フルメタル・ジャケット」。正直前半45分の訓練シーンまでしか見る価値は無い。しかし完璧主義のキューブリックが一発OKを出したというハートマン軍曹のしごきは身震いするほど恐ろしく素晴らしい。ぶっちゃけこの45分を引き延ばして一本の映画にすべきだった。鬼軍曹が「ピー」とか「プー」とかわいせつな言葉を叫びまくり、新兵たちをこき下ろす。新兵は文句ひとつ言わず絶対服従。理不尽な制裁の嵐。下品で、暴力的で、尊厳などかけらもない恐ろしい世界だ。でもそれが戦争だ、ということなんだろう。

ハートマンも本心からこき下ろしてるわけじゃあるまい。じゃなければうすのろ「ほほえみデブ」をさっさと隔離していたはずだ。効率重視の軍隊で本来、足手まといは存在してはいけない。しかしこの優しさ?はデブ二等兵を狂わせ、結果的に自分を死に追いやることになった。悲惨な結果だ。

 

ライフ・イズ・ビューティフル」は絶対に外せない映画だ。子供にまず見せたい映画。ホロコーストの残虐さ、愛、父と子の関係などこの映画には色々なものが見出せるが、市民の平凡な日常が政治の都合によってどれほど簡単に壊れてしまうか、我々の日常はどれほど不安定で儚いものの上に成り立っているか、ということもこの映画から学べるものの一つだ。またグイドたちが逃げ損ねたように、大抵の危機は気づいたときにはもう手遅れだということも。

でもやっぱり本質は愛の映画だよね。もう少し待てば助かったのに、それでも妻の無事を確かめずにはいられなかった。そして死が迫っても最後まで自分の子供にそれを悟らせず、楽しませようとした。

しかしこの映画をして「つまらない」とか「よく分からない」とか言う人もいるのだ。そんな奴は人間ではなく鬼だと言いたいところだが、それこそ人間の多様性であり、またこの先もあらゆる対立や暴力は無くならないだろうという確信の理由でもある。

 

 戦争の悲惨さばかり焦点を当ててきたが、戦争が起こる根本原因は思想のぶつかり合いだ。宗教・文化・歴史...アメリカや日本の視点に立った映画は山ほどあるので、ドイツやベトナムソ連(ロシア)の側から見た映画があったらぜひ見てみたいと思う。最近見た中で印象に残ったのは「チェ 28歳の革命」

 

はっきり言ってつまらない映画だったにもかかわらず何度も見てしまった。驚いたのは映画でのチェ・ゲバラは規律に厳しく、体系的でクールなものの考え方をする、権力側にいたほうがしっくり来る人間だったことだ。カリスマを演出したかったのかもしれないが...逆効果だ。

それまで圧政を敷く権力に立ち向かう「革命」は、自由や解放を掲げ、上下なく一丸となって団結するというイメージの行為だった。しかし平等を是とする共産主義だろうとどんな小さな単位の集合だろうと、上下関係はあるのだ。映画のゲバラは「自由」とか「平等」とかの神聖な象徴では全くなく、ひたすら現実的で有能なエリートだった。

「革命」というのは反権力・反体制のものではなくむしろ同じ穴の狢。あるいは映画では戦闘しか描いていないからそう見えるのかもしれない。劇中でもゲバラが「これは『戦争』であって『革命』ではない」と言っていたし、政治を整え平等な社会を作り出して初めて革命成就なのだろうが、皮肉にもゲバラの態度や有能さが「平等」というものを酷く理想主義的なものに見せている。良いとか悪いとか超えた、自分にとり衝撃的な作品だった。

 

 

 正直なところ、私がこれから生きていくどこかの時点でまた日本は戦争を起こす、加わるだろうと思う。望む望まないに関わらず、おそらくそうなる。「平和」はそう長くは続かない。争いは向上心や承認欲求の延長戦にあり、それはどんな人間でも持ち合わせているからだ。むしろここまで日本が平和でいられたことは奇跡に近い。色々な人が頑張ったのだろう。

日常を決して当たり前のものだと思わず、それが崩れることにおびえと危機感を持ち、限りある毎日を楽しんで生きる。そういう心構えを持ち続けるために、人間の残虐さの結晶ともいえる「戦争」について時々思い返すことは必要だと思う。

 

人生100年時代」などというふざけた今の世の中で命の重さを知るために、義務教育中に子供に「屠殺」を経験させるべきではないかと、私は思うのだが。